幼児教室に関する情報サイト

当サイトでは、七田式の幼児教室の特徴をはじめ、わが子を通わせるメリットや体験レッスンで確認すべきポイントなどについてもご紹介しています。
わが子により良い幸せな人生を送れるようにと願って今では芸能人も数多くかよわせているといわれる幼児教育のための教室ですが、実際に選ぼうとすればどんなところに気を配ればよいのか迷ってしまう人は少なくありません。
例えば、まずは冬期講習だけでも参加するなど、無理なく始めるためのノウハウもご紹介します。

幼児教室の体験で確認すべきポイント

幼児教室の体験で確認すべきポイント わが子の能力をできるだけ伸ばしてあげたいと考えるのは、どの親にも共通する願いの一つでしょう。
長い人生の中で最も多くのことを吸収する力があふれているのが幼児期で、その時期に適切な教育やサポートを受けることで生きていくうえで欠かせない基盤を作れるといわれます。
そんな大切な教育を受けるための幼児教室を選ぶ際には、どんなことに注意したらいいのか迷ってしまうかもしれません。
わが子に合った幼児教室を選ぶためには、積極的に体験教室などを利用するのがおすすめです。
体験教室では教室の雰囲気や教師との相性、施設が清潔感があるかということも大切なポイントになります。
また、継続して通うことを考えれば家から通いやすいかどうかはとても重要です。

幼児教室の体験レッスンに行く時の服装について

幼児教室の体験レッスンに行く時の服装について 現在日本には数多くの幼児教室が存在しており、それぞれカリキュラムや方針には違いがあり、子供に合っている教室を選ぶことが大切になってきます。
比較してから決めるためにも、体験レッスンに参加することは珍しくありません。
実際に自分の目で見たり、子供が楽しそうにしているのか確かめる方は大切です。
足を運ぶ際に気になるのが、どのような服装で足を運べば良いのかという点ではないでしょうか。
子供は勿論保護者が着用していくものも、しっかり考えて選ぶ必要があります。
室内外問わず華美な服は子供の学びの邪魔になることが多いので、シンプルで動きやすい服を着用させることがポイントです。
室外の場合には、外で子供が遊んで汚れても問題がない服を選んでおくようにしましょう。
子供の服に関しては、教室から指定がある場合もあるので確認しておきましょう。
保護者の服に関しては指定はない教室が大半ですが、清潔感があり落ち着いた服にしておくことが大切です。
勿論教室による雰囲気の違いもありますが、あまりにラフな身だしなみは適しているとは言えません。
幼児教室に通わせる家庭は、マナーにも気をつけている人が多いからこそ体験に参加する時にも身だしなみに気を付けておくべきです。

幼児教室に通うとよりよい将来の仕事が見つかる?

幼児教室は、0歳〜6歳の子供を対象にさまざまな教育活動を提供するスクールのことです。足し算やひらがななどの小学校で必要になるスキルやIQなど、点数でわかる能力よりも非認知能力を伸ばすことで知られています。
非認知能力とは、自己肯定感ややる気、協調性や工夫する能力など、社会に出てから必要になる能力が大きく占めているのが特徴です。非認知能力は幼児期から学童期に取り組む必要性があるため、その能力が伸ばせる幼児教室に通わせる人が多くなっています。
幼児教室では家にないツールを使って新しいことにチャレンジできます。新しい体験や経験が世界を広げ、将来の仕事に役立つスキルも身につくことがポイントです。
幼児期に非認知能力が伸びることで、本格的に勉強が始まる頃になっての取り組みがスムーズにできたり、他者とのコミュニケーションがうまくいくなど、さまざまな報告がされています。
幼児教室に通うことで、自分の能力や個性が活かせる仕事に就ける可能性が高いです。

これから通う幼児教室を比較する時のポイントとは?

幼児教室に通う前には、無料体験などを利用する人が多いです。一度しかない幼児期の大切な時期を預ける幼児教室は、事前にしっかりと比較検討して選びんでください。
幼児教室で最も大切なのは、教室の教育方針に賛同しているだけでなく、子供が楽しく通えるかどうかです。さまざまな教育メソッドがあり、どんな能力を伸ばしたいのか、受験対策で通いたいのか目的に合わせて選びます。
実際に子供が授業を受けて楽しめるのかはとても大切なポイントです。行きたくないのに無理やり授業を受けると、勉強自体が苦手になってしまうこともあります。
無理なく楽しみながら、子供がレベルアップできるかどうかを確認することが重要です。カリキュラムの内容はホームページで公開されている他、体験授業で体験できるので、子供にとって無理のない内容なのかを確認してください。年齢や発達段階によっては差が出てしまうこともあります。
複数の幼児教室を比較し、どの教室が子供に合っているのかをよくチェックしましょう。

小学受験に強い幼児教室はどう選べばいい?

小学校受験を検討しているなら、小学校受験専門の幼児教室に通う必要があります。小学校受験に対応しているというスクールは多くあるものの、実績が伴わないところもあるので注意が必要です。
小学校受験で問われる内容は学校によって異なり、一般的なペーパー問題以外にも絵画や行動観察などさまざまな課題が出題されます。実績がない幼児教室では、受験に必要な対策が十分ではありませんし、傾向なども把握できません。
受験専門として数十年の実績があり、名門小学校や難関小学校に多数の合格者を出しています。小学校側が欲しい子供の傾向などが分かっているので、自分の子供がその小学校にあっているのかを受験する前に知ることもできるでしょう。
合格実績があり、受験に特化している幼児教室は小学受験に強いため、有名校に合格させたい保護者に選ばれています。幼児教室を選ぶときには、まず希望する志望校に合格している人がいるのかどうかを確認しましょう。

名門と呼ばれる幼児教室に通うとどうなるの?

名門と呼ばれるような幼児教室は都市部を中心にいくつかあり、有名難関小学校への受験指導を行っています。小学校受験は、いまだに合格基準や試験問題が明らかになっていないケースがあり、長い実績がある幼児教室の指導次第で合格が決まるということが少なくありません。
受験をするのはまだ6歳児ですが、親の教育方針や学校への共感が重要視されるため、親子で幼児教室に通うことがとても重要です。
6歳に必要な能力や知力、生活習慣を獲得することは親だけの力では難しいため、受験を希望する多くの親子が受験専門の幼児教室に通います。
教室では、志望校が求める能力を毎週のレッスンで学習します。挨拶、整理整頓、人の話を聞くなど、小学校以降に役立つ生活習慣が身につくとともに手先の巧緻性や数理的領域の知力も伸ばせます。
名門と呼ばれる教室に通えば、志望校への合格が近づくだけでなく、生涯を通して役立つ能力や学力の基礎を養うことが可能です。

幼児教室ってどれくらいの費用がかかるの?

幼児教室に通わせたいが、費用面が心配という人が多いのではないでしょうか。幼児教室にもさまざまなものがあり、知育をベースにしている教室から小学校受験コースに対応している教室があり、知育がレッスンの中心になっているものは他の習い事と同じようにリーズナブルな価格が中心です。
一方、小学校受験コースは、志望校別の特別授業や体操、アートなど受ける学校に合わせてさまざまなクラスを受講する必要があります。そのため、高額になってしまうことが多いです。
小学校受験をする年長コースは、入学金が3〜9万円前後、月々の授業料は4〜7万円前後がかかります。年間にかかる費用は最低でも50万円、模試や特別講習などを合わせると100万円以上になってしまうことも多いです。
幼児教室は、どの学校に強いか、どの分野で人気があるのかホームページなどで公開しています。子供の能力開発で通わせたいのか、受験対策なのかによって適切な教室に通いましょう。

幼児教室の最新情報をもっと

西宮で幼児教室を探しているなら

新着情報

◎2022/4/25

情報を更新しました。
>幼児教室に通うとよりよい将来の仕事が見つかる?
>これから通う幼児教室を比較する時のポイントとは?
>小学受験に強い幼児教室はどう選べばいい?
>名門と呼ばれる幼児教室に通うとどうなるの?
>幼児教室ってどれくらいの費用がかかるの?

◎2021/3/26

冬期講習のみでも参加してみようのページを追加

◎2021/1/14

サイト公開しました

「幼児 体験」
に関連するツイート
Twitter

「女の子が怖くて、友達も作れなかった」 性被害から30年後の告白

興味本位で幼児教室の体験行ってみたんだけどフラッシュカードの速さが尋常じゃなくて爆笑してしまって親が読むところ復唱できなかった マスクあって本当によかった

関東関西いいなぁー バイリンガルシッターも 魅力的な幼児教室体験も おしゃれなフォトスタジオも 依頼きても受けれない😂 こういうショック無駄に受けたくないけん プロフに福岡ってかいてんのに🤣

言葉 (1)言葉は,身近な人に親しみをもって接し,自分の感情や意志などを伝え,それに相手が応答し,その言葉を聞くことを通して次第に獲得されていくものであることを考慮して,幼児が教師や他の幼児とかかわることにより心を動かすような体験をし,言葉を交わす喜びを味わえるようにすること。

環境 (4) 数量や文字などに関しては,日常生活の中で幼児自身の必要感に基づく体験を大切にし,数量や文字などに関する興味や関心,感覚が養われるようにすること。